ヒーロー

メダル・オブ・オナー(Medal of Honor,略称:MOH)は、エレクトロニック・アーツより発売されている一人称視点シューティング(FPS)のゲームソフト。
本来メダル・オブ・オナーとはアメリカの名誉勲章を意味する言葉であり、ゲームではアメリカ軍の兵士となって戦う。海外では1999年に第1作のMedal of Honor(en)、2000年にMedal of Honor: Underground(en)がそれぞれプレイステーションでリリースされたが、日本国内では2002年にリリースされたメダル・オブ・オナー アライドアサルトから。これまでにプレイステーション2やゲームキューブなどで発売されている。2007年5月24日にPS2用ソフトメダル・オブ・オナー ヴァンガードが発売した。

なお、メダル・オブ・オナー アライドアサルトの後継シリーズとメダル・オブ・オナー アライドアサルト リロード2ND、メダル・オブ・オナー パシフィックアサルトは開発元が異なる。

第二次世界大戦の舞台とした1人プレイ用FPSとしては、コール オブ デューティーと双璧を成している。 様々な面でリアルなコール オブ デューティーに比べ、メダル・オブ・オナーは一人で敵部隊を殲滅するなどが出来るヒーロー性が強いバランスとなっている。

アライドアサルトの開発を担当した2015, Inc.社ではそのヒーロー性の問題で対立が起き、最終的には10数名の社員が退社。新たにInfinity Ward社を設立して「プレイヤーはただの一兵士に過ぎない」コール オブ デューティーを手がける。

ロイター通信の発表で視覚能力向上に良いゲームソフトとして掲載されていた事もあった。



【PS2】メダル オブ オナー ヨーロッパ強襲(Best版)



メタルギアオプス 攻略

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。