メダル・オブ・オナーの逸話

メダル・オブ・オナーの逸話
シリーズ名「メダル・オブ・オナー」は米国名誉勲章協会公認である。

コール オブ デューティーシリーズで有名なinfinity ward社はアライドアサルトの開発を担当した2015, Inc.社の社員の一部が集まって創設した会社である。アライドアサルトの開発時に「主人公のヒーロー性」の問題で意見の対立が起き、最終的には10数名の社員が退社。

そして「プレイヤーはただの一兵士に過ぎない」理想を実現するため新たにInfinity Ward社を設立した。
アライドアサルトは2015, Inc.社によって製作されたが、のちのリロードなど続編は製作会社が変わりゲームのシステムも大幅に変わりほぼ別作品として考えたほうがいいだろう。

ロイター通信の発表で視覚能力向上に良いゲームソフトとして掲載されていた事がある。

アライドアサルトのオマハビーチはプライベート・ライアンと似たシーンが多いが、そのシーンはスティーヴン・スピルバーグ公認でクレジットに彼の名前が載っている。
2002年10月14日に東京・秋葉原にある「ネッカ」で「メダル・オブ・オナー アライド・アサルト アジアチャンピオンシップ日本予選」が開催された。予選を通過したチームは「NBS-2-st連合」。
初代MOHとUnderground(PS版)で使われている音楽はハリウッド映画のスタッフが関わっている。

上記の「ハリウッド映画スタッフ」と同一の存在はは眉唾だが、ライジング・サン、パシフィック・アサルト以外の作品にはマイケル・ジアッチーノが音楽を提供している。
ゲームの開発にはよくハリウッド映画の軍事アドバイザーであるデイル・ダイ元アメリカ海兵隊大尉を監修に迎えている。

OSSの歴史とエージェント

OSSの歴史とエージェント

OSS エージェント: マイク・パウエル中尉
生年月日: 1916年5月5日
出身地:ウィスコンシン州ライスレイク
学歴: ウエストポイント米国陸軍士官学校、軍事史、語学
堪能な語学: 英語、フランス語、ドイツ語

ウエストポイント米軍陸軍士官学校で軍事史と語学の学位を取得後、任官。第34歩兵師団でライフル兵としての任につき、何千人もの第1レンジャー大隊入隊志願者の中でも抜きん出た射撃と野外活動の技能を示す。

キャリックファーガスでの成果と、スコットランドのアフナキャリーで行われた実弾訓練の結果は、非のうちどころのないものだった。これに目をつけたOSS(戦略情報局)が、内密のうちに(つまり非公式に)パウエルを「特殊歩兵」に指名する。特殊歩兵とは、大規模な攻勢に先立って行われる、諜報活動や破壊工作をともなう特別なミッションに短期的かつ柔軟に従事する、レインジャーレベルの訓練を受けたエリート兵士である。

スパイ活動の歴史は、おそらく戦争の歴史と同じくらい古いものだろう。敵を(そしてときには味方を)よく知るということは、戦闘計画立案の基礎になるからだ。だが、1940年代前半、機密情報の収集を担当していた中央政府諜報部の考えは、それまでとはかなり違うものであり、議論の的となった。そして、1941年12月7日、真珠湾と呼ばれる場所で事件が発生した。

1942年6月、戦略情報局が、 “ワイルド・ビル” ドノバン陸軍大将の指導の下、正式に設立された。スパイにロマンの香りを感じるとしたら、それはOSSの影響だろう。アイビーリーグスクール出身の多くの若い男女が採用され、文字どおり陰謀渦巻く戦時下のスパイの世界へと飛び込んでいった。実に刺激的で危険な時代だった。戦争が拡大するにつれ、OSSのミッションも変わり、破壊工作、扇動、捜索、救出といった活動がOSSの日常業務の一部となっていった。

戦場にかける橋

メダル・オブ・オナー ライジングサン
メダル・オブ・オナー ライジングサン』 (Medal of Honor: Rising Sun,略称:MOHRS) は、エレクトロニック・アーツより発売されている一人称視点シューティング (FPS) のゲームソフト。 プレイステーション2版メダルオブオナーシリーズ第2作目、ゲームキューブ版では第1作目(国内)。

前作『メダル・オブ・オナー 史上最大の作戦』では600万本もの大ヒットを記録した。 本作の特徴として、プレイステーション2版ではインターネット環境で多人数参加型オンラインゲームが可能。またニンテンドーゲームキューブ版のではゲームボーイアドバンスとも連動し、ゲームボーイアドバンスの画面がレーダーとして使用可能となった。前作と比べて敵が強くなっており、銃剣を構えて突進してくるなど、攻撃パターンが増えた。

反面、日本の航空母艦がありえない名称(従来は稀有な生物や国名、山岳名だが、本作では本来駆逐艦に付けられる「風」という名前をつけた)など、製作側の旧軍に対する考察が甘いとの批判や、ゲームとは言え同じ日本人を殺すことについて一部のプレイヤーで論争が起きた経緯もある(同様の論争はメダル・オブ・オナー パシフィックアサルトでも起きており、別段珍しいことではないが、日本人を殺すゲームはシリーズ以外にも多数あるため論争が起きた原因は時代設定と思われる)。

海外版にあって国内版にない要素は、オープニングムービーでライジングサンのタイトルロゴが表示されるときに十六条旭日旗が背景に現れる、日本兵が喋る日本語のバリエーションが多いなどといったものがある。海外ではXboxでもリリースされている。



【GC】メダル オブ オナー ライジングサン - ファーストパーソンシューティング

日本帝国軍とアメリカ軍との激戦が繰り広げられた太平洋戦争を舞台した一人称視点のシューティングゲーム。プレイヤーは主人公のジョセフ・グリフィンとなって、米海兵隊、米レンジャー部隊や英SASからなる部隊を率い、ガダルカナル島への上陸作戦など史実に基づいた任務を成功させていく。



メタルギアオプス 攻略

真珠湾攻撃

メダル・オブ・オナー パシフィックアサルト
メダル・オブ・オナー パシフィックアサルト (Medal of Honor: Pacific Assault) は、エレクトロニック・アーツより発売されている一人称視点シューティング(FPS)のゲームソフトメダルオブオナーシリーズの中で新システムがいろいろ追加され、さらにリアルに戦場を体験できるようになった本作。しかし、その反面グラフィックが細かくなった分、かなりのグラフィックメモリPCスペックが必要。

ストーリー後半、歩兵だった主人公が訓練もせずにいきなり飛行機を操縦し日本軍の戦闘機や空母を撃沈するなどの矛盾点も問題視された。
第二次世界大戦の南太平洋戦線。主人公は訓練を経て真珠湾攻撃からマキンの戦い、タラワ環礁(タラワの戦い)、ガダルカナル島と旧日本軍を相手に仲間と共に戦っていく…

新・物理計算エンジンHavokを標準の仕様にした。
銃の照準が移動時やフルオート時などで照準が付けにくくなった。逆に「しゃがみ」・「ほふく」だと命中率が上がる。
銃の反動時に視界がぼやけるようになった。
座る際、「しゃがみ」のほかに「ほふく」が出来るようになった。
手榴弾など爆発シーンに巻き込まれた際、頭が朦朧となるモーションブラーが追加
常に仲間と行動し、単独で行動することが少なくなった。これは、Call of Dutyの影響を受けたものと言われている。
回復アイテムが殆ど無くなり(完全に無くなったわけではない)変わりに衛生兵が一緒に行動してくれる。負傷した際、衛生兵を呼べば回復してくれる。(回数制限有)
体力がゼロになっても10数秒間は倒れたままになる、時間がたつと死亡。その間に衛生兵が助けてくれれば復活できる。(逆にその場に居合わせた日本兵にトドメを指される場合もある「死亡」。なおこの日本兵は制圧が終わり全ての日本兵が死亡した状態でも出てくることがある。)


南太平洋戦線に参戦せよ。
エレクトロニック・アーツ メダルオブオナー パシフィックアサルト

特徴・機能 どんな商品?
発売日:2004/11/25
南太平洋戦線に参戦せよ。
「メダルオブオナー」シリーズ最新作。パールハーバーの攻撃から、タラワ環礁での戦いまでが描かれます。
き延び、南太平洋圏に勢力を拡大した日本軍と戦う連合軍の反抗作戦に従軍。戦いの過程で立派な兵士へと成長していきます。パールハーバーの攻撃から、その後の戦いの流れを決めたタラワ環礁での戦いまでが描かれます。第2次世界大戦で日本軍を相手に戦い、その攻勢に耐えてついには反撃を成功させ、太平洋での戦いを勝利に導いたアメリカ軍兵士を体験することができます。
【特徴】
・太平洋戦線における25以上のシングルプレイヤーミッション
・ゲームのCG映像に新しい基準を打ち立る画期的なテクノロジー
・完全に一から作り上げた新AI
・今まで以上に内容の濃いマルチプレイヤーモード
・生死の分かれ目 「衛生兵」
・今作ももちろん言語選択可能


メタルギアオプス 攻略

史上最大の作戦

メダル・オブ・オナー 史上最大の作戦
メダル・オブ・オナー 史上最大の作戦 (Medal of Honor: Frontline) は、エレクトロニック・アーツより発売されている一人称視点シューティングゲーム (FPS)。

プレイステーション2版メダルオブオナーシリーズ第一作目。メダルオブオナーシリーズ初のプレイステーション化である本作は、細かいグラフィックAIシステムの導入、ストーリーなどが充実。しかしパソコン版でのマウス操作とは違い、プレイステーションのコントローラーによるプレイヤー操作のため慣れるまで操作がかなり難しいという点や、ゲームプレイ中に不具合も起こるという難点も現れてしまった。

第二次世界大戦のヨーロッパ戦線。ジミー・パターソンは航空輸送団に所属し、C-47輸送機を操縦しパラシュート降下兵の輸送を行う。しかし激しい対空砲火により乗機が被弾し、乗員4名とともにノルマンディの草原に不時着。現地の地下抵抗組織「レジスタンス」の助けを受け全員無事に部隊に合流する。その後、ノルマンディー上陸作戦、マーケット・ガーデン作戦など数々の作戦に参加する。やがてジミーにOSS(戦略情報局)からナチスドイツ将校「ルドルフ・フォン・ストゥームガイスト」により密かに開発が進められている新兵器について探るよう命令がくる。




【PS2】メダル オブ オナー ライジングサン&史上最大の作戦(Best版)

プレイステーション2用ソフト
■メダル オブ オナー ライジングサンとは
 本作では、ドイツ軍と連合軍が激しく戦闘を続ける欧州から、日本帝国軍とアメリカ軍の激戦が繰り広げられた太平洋が戦場となります。 待望のマルチプレイヤーモードを新たに搭載し、シナリオモードにおける2人協力プレイ、マルチプレイモードにおける画面分割/最大4名による白熱の対戦が可能となっています。
特徴
一兵士の目線で描かれる太平洋戦線
 時は1941年12月8日。米軍海兵隊に所属するJoseph Griffin二等兵は、ハワイ真珠湾に停泊する米太平洋艦隊で日本帝国軍の奇襲に遭遇し、大破する戦艦から辛くも脱出に成功。その後、Griffin二等兵はOSS(戦略情報局)に所属を移し米南西太平洋方面軍の一員として日本帝国軍への反撃に参加することになります。
数々の任務を遂行せよ
 プレイヤーは部隊(米海兵隊、米レンジャー部隊や英SAS)を率いて、ガダルカナル島への上陸作戦、フィリピン・ルソン島のアメリカ兵救出作戦等、史実に基づいた任務を遂行していきます。
ファーストパーソンシューター
 「メダルオブオナー〜史上最大の作戦〜」で確立されたゲームシステム“ファーストパーソンシューター”を本作でも楽しむことができます。
膨大な資料による時代考証
 「メダル オブ オナー ライジングサン」の世界は、膨大な歴史的資料、現地取材、太平洋戦争専門の研究者の監修によって構築されます。あのノルマンディ上陸作戦を上回るクオリティで第二次世界大戦当時の戦場を衝撃的に映像化。更に、前作「メダル オブ オナー〜史上最大の作戦〜」のミリタリー・アドバイザーのDale Dye氏も、「メダル オブ オナー ライジングサン」の制作に参加し戦争の真実を突き付けるディティールを再現します。
「メダル オブ オナー」を名乗ることを世界で唯一認められたゲーム作品
 今作「メダル オブ オナー ライジングサン」も前作同様、アメリカ軍最高位の勲章である議会名誉勲章(Medal of Honor)の名誉ある作品として、「メダル オブ オナー」を名乗ることを米国名誉勲章協会(Congressional Medal of Honor Society)に認められた唯一のゲーム作品です。


メタルギアオプス 攻略

メダル・オブ・オナー アライドアサルト

メダル・オブ・オナー アライドアサルト』(Medal of Honor: Allied Assault) は、第二次世界大戦のヨーロッパ戦線や北アフリカ戦線を舞台としたファーストパーソン・シューティングゲーム (FPS)。

アメリカのゲーム会社2015が『Quake III』(id Software)のゲームエンジンを用いて開発、2002年1月22日にエレクトロニック・アーツより発売された。 本作は、メダル・オブ・オナーシリーズ最初のPC (Windows) 用タイトルであり、また日本で発売されたシリーズの第一作目にあたる。

後に、拡張パック「スピアヘッド」(日本語版:リロード)と「ブレイクスルー」(日本語版:リロード2ND)が発売され、廉価版(メダル・オブ・オナー アライドアサルト オリジナル版)や「特別編」、「ウォーチェスト」、「総集編」などの拡張パックとのセットも販売された。

プレイヤーは主人公マイク・パウエル中尉となってナチスドイツのUボート破壊作戦やD-Dayのオマハビーチ攻略、敵の占領下での友軍救出など全20のミッションを攻略していく。特に本作のオマハビーチ・ミッションは、スピルバーグの映画『プライベート・ライアン』(1998) としばしば比較される。なお、ゲーム開始直前に、ルーカス・アーツのクレジットが表示される。

マルチプレイモードでは、全てのプレイヤーが敵となる「デスマッチ」、連合国と枢軸国に分かれて行う「チームマッチ」及び「ラウンドマッチ」、同一目標の破壊を競う「オブジェクトマッチ」がある。



エレクトロニック・アーツメダルオブオナーアライドアサルト総集編
拡張データセット「リロード」、「リロード2」の3本が1つになったコンプリート版
メインとなる「メダル オブ オナー アライドアサルト」に加えて拡張データセットである「リロード」、「リロード2」の3本が1つになったアライドアサルトシリーズコンプリート版です。3本を1枚のDVDにまとめているので、インストールや管理が非常に簡単となり、さらに最新のパッチまでを反映しています。最大64人対戦可能。



メタルギアオプス 攻略


ヒーロー

メダル・オブ・オナー(Medal of Honor,略称:MOH)は、エレクトロニック・アーツより発売されている一人称視点シューティング(FPS)のゲームソフト。
本来メダル・オブ・オナーとはアメリカの名誉勲章を意味する言葉であり、ゲームではアメリカ軍の兵士となって戦う。海外では1999年に第1作のMedal of Honor(en)、2000年にMedal of Honor: Underground(en)がそれぞれプレイステーションでリリースされたが、日本国内では2002年にリリースされたメダル・オブ・オナー アライドアサルトから。これまでにプレイステーション2やゲームキューブなどで発売されている。2007年5月24日にPS2用ソフトメダル・オブ・オナー ヴァンガードが発売した。

なお、メダル・オブ・オナー アライドアサルトの後継シリーズとメダル・オブ・オナー アライドアサルト リロード2ND、メダル・オブ・オナー パシフィックアサルトは開発元が異なる。

第二次世界大戦の舞台とした1人プレイ用FPSとしては、コール オブ デューティーと双璧を成している。 様々な面でリアルなコール オブ デューティーに比べ、メダル・オブ・オナーは一人で敵部隊を殲滅するなどが出来るヒーロー性が強いバランスとなっている。

アライドアサルトの開発を担当した2015, Inc.社ではそのヒーロー性の問題で対立が起き、最終的には10数名の社員が退社。新たにInfinity Ward社を設立して「プレイヤーはただの一兵士に過ぎない」コール オブ デューティーを手がける。

ロイター通信の発表で視覚能力向上に良いゲームソフトとして掲載されていた事もあった。



【PS2】メダル オブ オナー ヨーロッパ強襲(Best版)



メタルギアオプス 攻略

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。